オークション

オークションの手始めは、不用品の出品から。

«Prev || 1 || Next»

閉店したBookOffの跡地

 近所のBookOffとHardOffの併設店舗、閉店後はどうなったかなと偵察に行くと、看板が取り外されて改装中の模様。

 そのブルーシートの隙間から、何の店舗ができるのかと覗いたら、どうも「古着市場」という古着の店らしい。
 この店舗ビルは、昔は100円ショップ。それが閉店してBookOff。その後は古着と、なんだか安売りというかそういう関連の店として使うんだなと。

 ただ、古着はわたしのテリトリーではないので、ちょっと残念。
BOOKOFF ONLINE
ブックオフオンライン




本の傷とブックオフ

 読み終わった本が場所を取っている。
 オークションに売るのもなんなので、この前ブックオフにもって行ったところ、買取不可だった本だ。

 ブックオフは、買取不可でも理由がわからないからよくない。
 基準でよく言われるのは、「古いやつはタイトルではなく、本の状態しか見てない」ということ。つまり、カバーがやぶれていたり、ヤケがあると買い取れないそうだ。
 ヤケがあるのはどうしょうも無いとして、カバーの破れやしわはどうにかなるものなんだろうか?

 試しに、カバーの上部のしわを伸ばし、若干乱れていた部分を糊で補強しながら、裏からテープを貼ってみた。

 そのままもって行ったところ、無事買い取りに。ひどい破れとかはだめだろうけど、上の辺りがほんの少し破れている程度なら、買い取られることがあるみたいだね。
 買い取ったあとで、バイトの人が上司から怒られたりしてないだろうか。
コミックもCDもDVDもゲームも 日本最大級の品揃え ブックオフオンライン
ブックオフオンライン



HOBBY OFF-ホビーオフ初体験

 近所のHard Offが閉店して、オクでも売れなかった物をどうしようかと思ってBook Offの店舗検索をしていたら、そう遠くないところにHobby Offがあるのを発見。
HOBBY OFF-ホビーオフ│HARD OFF-株式会社ハードオフコーポレーション

 これ、玩具やらカードやらおもちゃ関連を扱う場所らしい。Off Houseも併設。

 雨が降りそうな中、店舗を探しに自転車で。この店がある場所、県境に近い場所なので、住宅地というよりは倉庫と畑があるような場所。幹線道路はあるのだけれど、休日は人通りがあまり無い。
 看板が大きくあるわけじゃないので、周辺についてもそれらしい建物は見つからず。というか、大きな倉庫を改造してたら、見分けがつかんよ。

 雨が激しくなってきたので、雨宿りをしながら携帯のGPSで周辺を確認してやっと店舗を発見。

 Off Houseは、まあ大きなリサイクルショップ。衣類や靴あたりが中心で、わたしが目を引くような物はなく。
 Hobby Offは、カードとフィギュアが中心。昔のガシャポンの景品のようなものもあるので、試しに持ってきた物も何とか引き取ってもらえそう。

 もってきたのは、古いキャラクターストラップ(使用感あり)、ガシャポンの景品、古いキャラクタートレカ。
 カウンターにそれらを預けてしばし待つ。すると、
「フィギュア類は1つ5円になります。カードはもううちでは扱っていないので、全部で10円になります。」
 とのこと。カードは100枚以上あったので、1枚1円を割る感じ。とりあえずフィギュアだけ引き取ってもらいました。

 この分なら、うちにあるUFOキャッチャーで取った物たちも引き取ってもらえそうな感じだな。また部屋を整理して来よう。


BookOffとHard Off閉店

 これまでいろいろと利用させてもらったHard Offが閉店するらしい。

 そうかそうかと思って店内を見渡しても、やっぱり掘り出し物はなく。特に確保しておこうというものもない。
 考えてみれば、いろいろと買い取ってもらったり、稼がせてもらったりと、ありがたいお店だったな。オークションで売れなかったものとか、どこで処分しようか。

 と、店舗検索をしていたら、ハウスオフとかホビーオフがちょっと離れたところにあることがわかる。今度そっちを見に行ってみるかな。

 閉店は今月いっぱいだそうで、併設されているブックオフも閉店だそうだ。ブックオフは、何件かできたと思ったら閉店したところもあるので、それなりに大変なのだろう。

コミックもCDもDVDもゲームも 日本最大級の品揃え ブックオフオンライン


«Prev || 1 || Next»

↑ PAGE TOP