オークション

オークションの手始めは、不用品の出品から。

Amazonマーケットプレイスを考える

 「Yahoo!オークション」での出品、発送あたりの手続きは慣れたのだけれど、本を売るのにはやっぱりAmazonなのかなと、マーケットプレイスについて少し調べていました。

 ヤフオクの場合、手数料は月々のプレミアム登録料+落札金額の5%というところなのだけれど、アマゾンマケプレの場合は月々の手数料はかからないらしい。
 また、送料も一括340円なので、送料を安く済ませばそこで利益が出るそうだ。

 ただし、落札手数料が15%、本のカテゴリ手数料が1件80円、成約料100円なので、最低でも180円を引かれるため、送料が160円以上の場合には足が出る計算。
 マーケットプレイスで1円で売っているのは、プロマーチャント契約をしていて成約料が100円引かれないお店ばかりらしい。それだと、1円でも100円以上の利益が出るそうだ。

 そういう理由があって、ブックオフで105円で売っているような本は1円で出品されているということ。やっぱり、発送の手間やら考えると、少量の本を出すのはいまいちという感じだな。
コミックもCDもDVDもゲームも 日本最大級の品揃え ブックオフオンライン



関連記事[アマゾンマケプレ 月々 少量

No related items.

前後の記事 - [出品作業]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP