33年ぶりの円安、124円30銭

 アメリカドルがだいぶ強くなって、123円を超えた。この水準は2002年12月以来、33年ぶりらしい。

“28日の東京外国為替市場で、円相場がついに2002年12月以来の安値となる1ドル=124円30銭近辺まで下落した。”

33年ぶりの衝撃 円安、124円30銭の真の意味  :日本経済新聞
 アメリカドル強いけど、あまりにも急激過ぎな気もする。
 この後何かおこるんだろか。

プロフィール
サクラローレル

 都内在住。理系高校理系大学を経て、電機関係の会社でリーマンやってます。
 仕事内容とサイトの内容はほとんど関係がなく、趣味の延長線上でいろいろと紹介します。
 ツイッターは主に更新情報になってしまうかも。フォローミー。

サクラローレルをフォローする
アメリカドル
スポンサーリンク
不況にトクトレ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました