株・ETF・投資信託

株やETF、投資信託など、証券会社の商品。

インデックス投信eMAXISが販売開始

 SBI証券から、新たなインデックス投信が販売になったという話が。

eMAXIS | 三菱UFJ投信株式会社

 インデックス投信の場合、目標としている指数に連動するように投資を行うため、成績自体はどれを買っても大きな差は無いはず。
 差が発生するとすると、それは信託報酬などのコストの差。このコストは低い方が良い。
 ラインナップを見ると、
    日経225
    信託報酬 (税込)/年:0.42%

    TOPIX
    信託報酬 (税込)/年:0.42%

    国内債券
    信託報酬 (税込)/年:0.42%

    国内REIT
    信託報酬 (税込)/年:0.42%
    信託財産留保額:0.3%

    先進国債券
    信託報酬 (税込)/年:0.63%

    先進国株式
    信託報酬 (税込)/年:0.63%

    先進国REIT
    信託報酬 (税込)/年:0.63%
    信託財産留保額:0.3%

    新興国株式
    信託報酬 (税込)/年:0.63%
    信託財産留保額:0.3%

 ちなみに、わたしが持っているのは、
    SSGA-外国株式インデックス・オープン
    信託報酬 (税込)/年:0.9975%
    信託財産留保額:0.30%

    プルデンシャル-PRU海外債券マーケット・パフォーマー
    信託報酬 (税込)/年:0.6825%
    信託財産留保額:0.1%

    住信-STAM新興国株式インデックス・オープン
    信託報酬 (税込)/年:0.8715%
    信託財産留保額:0.3%

 これは、長期保有するとかなり差が出そうだ。というか、海外物は何でそんなに安くできるのだろう。
 ちなみに、信託財産留保額は、売却時にかかるので、信託報酬にそれほど差が無いなら、なるべく売らない方が良いのだけれど、信託報酬に結構な差があるので、乗り換えてしまった方が良いんだろうな。
 海外債券は乗り換えの必要はあまりなさそうだけれど、留保額が気になるので、買い増しする時はSTAMにするか、eMAXISにする方がよさそうだ。



関連記事[インデックス

前後の記事 - [投資信託]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP